産後ママの水着の選び方|体型カバーにおすすめのデザインや柄は?

夏は、家族でプールや海などのレジャーに出掛ける機会が増えますね。

でも、出産後の体型に自信がなくなり、水着を着るのを諦めてしまいがちです。

産後ママの水着の選び方について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

体型カバーにおすすめなデザインや柄を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

産後の体型が戻らない

出産後、体型が戻らないと悩んでいるママは多いと思います。

特にお腹周りです。

出産したら元に戻ると思っていたお腹が、全然へこまない。

お腹のふくらみは、赤ちゃんのふくらみだと思っていたら、実は自分の贅肉だった。

ということに気付いたのは、私も同じでしたよ(^^;

戻らない体型を気にしつつも、日々の育児に追われて、自分のことは常に後回しになってしまうのも仕方ないですよね。

それでも、普段はなんとかなります。

でも、いざプールや海へのレジャーとなったら困ってしまいますね。

苦肉の策で、水着の上からTシャツを着たりして、気になる部分をカバーしているママも多いかもしれません。

水着でも体型カバはー可能

産後の体型で特に気になる部分は、おなか・お尻・太ももが多いようです。

これらの部位にコンプレックスを感じている、産後ママの水着の選び方を紹介したいと思います。

  • ワンピース付きの水着
  • 体のラインがカバーできて、そのまま水の中に入ることが可能なものがおすすめです。

    裾が長めなものを選べば、脚もすっきり見えます。

    ワンピースタイプは、そのまま街を歩いても違和感がないデザインが人気です。

  • ボリュームのあるトップスと股上が深めのショートパンツ
  • 上下に分かれた水着なら、上下とも布面積が広いデザインがおすすめです。

    フリルなどがあしらわれていてボリュームのあるトップスは、ウエストを細く見せてくれます。

    更に、股上が深めのショートパンツなら、おなかが出る面積が少なくなり、脚長効果が期待できます。

  • 胸元がVラインのもの
  • 胸元のVラインは、肩幅の広さをカバーしてくれます。

    更に、丸顔をすっきり見せる効果もあるので、気にしている人はぜひ選んでみてはどうでしょう。

  • サロート(パレオ)
  • 腰に巻いてスカート風に、首に巻いてワンピース風に着て体のラインを隠すことができます。

    1枚持っていると、とても重宝します。

更に、大きな胸を目立たなくしたい人のために、カップにワイヤが入っていない水着も増えています。

体型カバーにおすすめの柄

産後ママの水着の選び方として、体型カバーにおすすめな柄というのがあります。

水着の柄は、水玉や等間隔のボーダーなどより、不規則な柄の方が痩せて見えます。

少し派手だなと感じても、水着だからこそ挑戦できる色や柄もありますよね。

せっかくなので、洋服では選ばない色や柄に試してみてはどうでしょう。

水着はどこで買う?

産後ママの水着の選び方がわかったら、早速水着売り場でチェックしてみましょう。

体型カバーできそうなデザインや柄が見つかったら、ぜひ試着してみましょう。

実際に着てみるとイメージとは違うということもよくあります。

せっかくなので何着か試着してみましょう。

そうは言っても、水着売り場は、10代や20代の若い人向けのような気がして気が引けてしまうというと感じるママも多いかもしれません。

そう感じる人は、水着通販サイト Vacasta(バケスタ)をチェックしてみてください。

ママ向けセット水着も豊富です。

きっと、体型カバーにおすすめの柄やデザインが見つけられるはずです。

⇒ 水着通販サイト Vacasta(バケスタ)を詳しく見てみる

VacaSta

最後に

産後の体型に自信をなくして、水着を着るのを諦めていたらもったいないです。

水着でも体型をカバーすることは可能です。

今年こそは、家族で夏のレジャーを楽しめると良いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする