卒乳後に胸がしぼむのはなぜ?小さくなった胸の美乳再生方法は?

卒乳したら、胸がしぼんで小さくなってしまったり、垂れてしまったと悩んでいませんか?

授乳前のようなハリのある胸を取り戻す為の、美乳再生方法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜ卒乳すると胸がしぼむの?

卒乳後に胸がしぼんで小さくなるのはなぜでしょう?

まず、妊娠すると、女性の胸は大きくなりますよね。

最低でも2サイズ、3~4サイズアップするひともいます。

どうして大きくなるのかというと、妊娠したことによって母乳を作る準備を始め、胸の乳腺が発達するためです。

その発達した乳腺を守るように、更に脂肪もつく付くので、大きくなるのです。

胸がしぼむ

授乳が終わると、大きくなった胸は徐々に元の大きさに戻りますが、そのまま元の大きさに戻るわけではないのです。

妊娠中や授乳中に大きくなった胸の皮膚は伸びた状態になっていますが、伸びた皮膚が、胸が元の大きさに戻るスピードについていけないのです。

その結果、小さくなった胸に伸びてたるんだ皮膚が残ってしまった状態になる為、胸がしぼんだようになってしまいます。

テレビのダイエット番組で、急激なダイエットをして、お腹や腕の皮膚にたるみだけ残ってしまっているというのを観たことがあると思いますが、あの状態と同じことが起きてしまっているのです。

胸が小さくなった

胸が小さくなったと感じるのは、胸にハリがなくなったという表現が当てはまるかもしれません。

胸のハリは、肌の水分量と関係しています。

胸のハリに肌の水分量が関係あるの?と思ってしまうかもしれませんが、肌の水分量の変化は、乳腺組織そのものにも影響します。

肌の水分は年齢と共に減っていきますが、当然、乳腺組織の水分も減ってしまいます。

卒乳後は、乳腺自体もなくなっていく為、余計に胸のハリがなくなり、胸が小さくなったように感じてしまいます。

胸が垂れた

胸がしぼんでちいさくなったという悩み以外にも、胸が垂れたと感じるひとも多いです。

胸が垂れてしまう原因は、胸の乳腺を支えているクーパー靭帯という靭帯が伸びてしまった為です。

妊娠によって胸が急激に大きくなると、クーパー靭帯にかなりの負荷がかかってしまいます。

クーパー靭帯が緩んで伸びてしまうと、胸の位置が下がって垂れてしまいます。

残念ながら、クーパー靭帯は、一度伸びてしまうと元には戻りません。

でも、これ以上伸びてしまわないように対策することは可能なので、あきらめないでケアしていきたいですね。

しぼんで小さくなった胸を再生させる実践方法

卒乳後に、しぼんで小さくなったり、垂れてしまった胸を、妊娠前のハリのある胸に再生する為には、どんな方法があるでしょうか。

今すぐ実践できる方法を紹介します。

胸の大きさに合った下着をつける

まず、すぐに実践したいのは、今の胸の大きさに合った下着をつけることです。

特に、元々胸が大きいひとは、胸の重みで、クーパー靭帯にかなり負荷がかかってしまっている可能性があります。

妊娠中や授乳中に楽な下着をつけてして、卒乳してもそのまま楽な下着をつけたままで過ごしてしまうと、クーパー靭帯に負荷をかけ続けることになり、胸が垂れる原因になってしまいます。

胸の大きさに合った下着をきちんと身に着けることで、クーパー靭帯を保護し、胸が垂れることを予防することができます。

また、実は、日中だけでなく、夜寝ている間のケアも大切なのです。

寝ている間は、重力によって胸が横流れしてしまいます。

クーパー靭帯は、寝ている間もしっかり保護してあげることが大事です。

Viageビューティアップナイトブラ は、寝ている間も胸をやさしく保護してくれます。

ノンワイヤーで、伸縮性抜群なので息苦しさも感じません。

もちろん日中つけてもOKです。

寝る時は、ノーブラだったり、ブラキャミなどのひとは、就寝時の胸を保護する為にもブラの着用を意識してみてくださいね。

⇒ Viageビューティアップナイトブラを詳しく見てみる

保湿をする

肌のハリというと顔のことだけと思いがちですが、胸も肌の一部です。

ハリを保つためには保湿が大切で、肌に潤いを与えてあげれば、ハリが再生されます。

保湿クリームなどを使って、マッサージをすれば、血行もよくなり相乗効果が期待できます。

マッサージの実践方法

しぼんで小さくなった胸を再生させる為の実践方法を紹介します。

◎リンパマッサージをする

胸まわりのリンパをマッサージをすることで、女性ホルモンの分泌を促進してハリを与えバストアップが期待できます。

1.胸の丸みに沿って、胸の上と下に手のひらを当てる

2.上の手は脇の下に向かって、下の手は中心に向かって、胸の丸みに沿ってさする

3.デコルテから胸の中心、みぞおちまでを、左右の手のひらで交互にさする

それぞれ30秒づつ行いましょう。

◎おっぱい体操

自分で簡単にできるおっぱい体操もおすすめです。

◎筋肉を鍛える

胸には、大胸筋という筋肉があります。

普段から良い姿勢を心掛けるだけでも、大胸筋が鍛えられ、胸の位置を高く保つことができます。

更に、大胸筋を鍛えることで、胸の位置をキープすることができます。

・腕立て伏せ

膝をついて行っても良いです。

自分ができる範囲で腕を曲げ、徐々深く曲げられるようにしていきましょう。

・胸の前で手を合わせて、思いっきり手の平を押し合う

合わせる手の位置は、喉の辺りが良いです。

大胸筋に力が入っているかを意識しながら行いましょう。

最後に

卒乳後に胸がしぼんで小さくなってしまったり、垂れてしまったりする原因を紹介しました。

以前のハリのある胸に再生する為に、更にこれ以上悲しい状態にしない為にも、今からきちんとケアをしていきたいですね。

簡単な方法ばかりなので、ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする