子育て中自分の時間がないのがストレス!自分時間どう作る?

子育て中、自分の時間がない、一人の時間が欲しいと感じるママは多いのではないでしょうか。

朝起きてから寝るまで、ずっと動きっぱなしというのは、私の経験からも、大げさでもなんでもないです。

別に大変だ自慢をするわけでもなく、純粋に自分の時間が欲しいと感じる気持ち、とてもよくわかります。

そんなママの為に私の体験を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子育て中自分の時間がないと感じる本当の意味

子育て中のママが、自分の時間がないと特に感じやすいのは、子供が0歳~3歳ぐらいの時期です。

幼い子供の着替えをさせ、ご飯を食べさせ、おむつを替えます。

更にその合間に愚図ったり、泣いたり、抱っこしたりします。

せがまれれば、遊び相手もします。

で、その合間合間に家事をします。

家事をしながらはもちろん、子供が機嫌よく過ごしている時でさえ、危ないことはないかと常に気にかけながら過ごします。

そんな感じで、常に子供中心の生活なので、どうしたって自分の時間が限られてしまうのは当然です。

そして、自分の時間がないと感じるのは、神経が常に子供に向けられているので、気持ちが休まらない為です。

少なからず気持ちが子供に向けられているので、自分がしたいことに全力投球できないのです。

なんか中途半端というか、泣いて起きてきたりして、自分の時間を急に分断されることもしばしばです。

その結果、「あぁ今日も自分の時間がなかった」となる気がします。

自分の時間作りがストレスになる

自分なりに、なんとか自分の時間を確保するために、いろいろと工夫したりしていると思います。

私も、育児真っ盛りの時は、あれもしたいこれもしたいという気持ちでいっぱいでした。

私の場合は、録画していたテレビ番組を観ようとか、英会話の勉強をしようといったことでした。

でも、思いのほか早く昼寝から目覚めたりして、計画通りに行かないと、そのことがストレスになってしまっていました。

ママがイライラ
  ↓
子供は空気を察して愚図りやすくなる
  ↓
余計なお世話が増える
  ↓
ママが更にイライラ

という悪循環に陥ってしまいます。

なので、子供が幼い間は、自分の時間を楽しむということは、「できたら良いなぁ」ぐらいの願望としておいた方がストレスにならなくて良いかもしれません。

子供が小さい間は、自分の時間が持てないのは仕方ないという割り切りも必要かもしれません。

時間があると意外とやらない

これは私だけかもしれませんが、時間があると意外とやらないことって多いです。

子供が幼稚園生ぐらいになって、あんなに熱望していた自分だけの時間なのですが、お迎えの時間まで、朝の情報番組を観て、家事して、買い物に行っておしまいなんて日が多々ありました(汗)

単に怠惰な私だけかもしれませんが(笑)

時間が充分にとれない中で、なんとか確保できた自分の時間はとても貴重です。

自由じゃないからこそ、自由な時間がありがたかったり、満たされた気分になるものです。

子育て中の自分の時間の作り方

今、なんとか自分の時間が欲しいと思っているママの為に、私が試した方法やコツを紹介します。

①子供の生活リズムを整える

子供が寝る時間や起きる時間が定まっていないと、ママがしたいことの計画も立てられません。

子供は必ず9時に寝かせるなどの改善をしましょう。

②子供の成長に合わせて、ママの生活リズムを変える

私の場合ですが、子供がまだおっぱいを飲んでいた時は、寝かしつけをしてから、夜の時間を過ごしていました。

でも、2人目も生まれ、育児が大変になったのか、寝かしつけしながら自分も寝てしまうことが多くなりました。

それで、夜中に起きたりもしていましたが、ある時、もう寝てしまおうと決めました。

その時から、子供と一緒に寝て、朝早く起きて、自分の時間を確保するという風にしました。

こんな感じで、子供の成長や家族の状況に合わせて、ママ自身も臨機応変に生活スタイルを変えるのも一つの方法です。

③家事は子供が起きている時間に済ませる

子供が昼寝している間に家事をやろうとすると、自分の時間を楽しむ時間がなくなってしまいます。

子供が機嫌よく起きている間に、部屋の掃除をしたり、洗濯物をたたんだりといった家事をするようにします。

私は、今でもそうしていて、子供や夫が学校や会社に行くまでに、バタバタと掃除機までかけてしまいます。

みんなが出払った後は、たっぷり「自分の時間」というのが嬉しいです。

④子育ての時間を趣味のように楽しんでしまう

自分の趣味などを楽しみたい気持ちはわかります。

でもどうしても無理そうな時は、子育ての時期だからこそ楽しめることを楽しむというのも手です。

私は、仲良くなったママ友と会っておしゃべりするのが結構ストレス解消になって楽しかったです。

それから、ちょっとした時間に、子育てサイトを観たりするのが趣味みたいになっていました。

同じ境遇のママの書き込みなどを読んで、「自分だけじゃないんだ」と勝手に励まされたりしていました。

自分の時間を確実に確保する方法

自分の時間を確保する為に、ママだけが大変な思いをする必要はないですよね。

旦那さんにもぜひ協力してもらいましょう。

旦那さんの休日に、数時間とか半日とか、週1回でも一人だけの時間を作らせてもらえると良いですよね。

また、実家にお願いできるなら、両親に子供を預かってもらっても良いでしょう。

たまになら、快く預かってくれるのではないでしょうか。

そして、そのついでに、家事や炊事を、思い切って家事代行サービスにお願いしてみてはどうでしょう。

家事代行サービス【CaSy】は、1時間あたり最安2,190円で利用できます。
インターネット上で24時間365日いつでも申し込みできるので、とりあえず会員登録してみるのも良いですね。

◎「CaSy」のおすすめポイント

  • 2時間から利用可能
  • 1時間2500円でスポット利用可能
  • 利用したい時間の3時間前まで予約可能
  • 厳しい審査で選ばれた質の高いスタッフなので安心
対象エリア : 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県

パパに留守番を頼んだのは良いけど、帰ったら、家がぐちゃぐちゃになっていて余計ストレスになったという話はよく聞きます。

ママが日々の家事や育児から解放されて、リフレッシュしたいなら利用する価値ありです。

【CaSy】の公式サイトを見てみる


最後に

子育て中、特に小さい子供がいると、自分の時間を作るのは大変かもしれません。

でも、ずっとではありません。

できないことにストレスを感じて、今の育児を楽しめないのは残念です。

自分の時間そのものの考え方を見直してみたり、自分なりに楽しめる工夫をしてみて欲しいです。

こちらの記事も読んでみてください
>> 33dマガジンで子育て中の気分転換!時間の使い方や楽しみ方のコツは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする