産後の肌荒れが治らない原因は?試してほしいスキンケア商品を紹介

産後の肌荒れがなかなか治らなくて、悲しい気持ちで子育てしていませんか?

治まらないニキビや、肌のカサカサや痒みなどはどうしたら治るのでしょう?

産後の肌荒れの原因と、長引く肌トラブルにおすすめのスキンケアを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

産後の肌荒れの原因は?

産後に肌荒れが起きる原因は、産後だからこその原因があります。

ひとつひとつ確認していきましょう。

◆睡眠不足

夜の授乳や赤ちゃんの夜泣きなどで、どうしても十分な睡眠が取れなくなってしまいます。

睡眠不足は、ホルモンバランスが乱れる原因にもなります。

◆栄養不足

授乳をしているママの場合は、母乳から赤ちゃんに栄養を届けるので、意識して摂取しないとママが栄養不足になってしまいます。

また、子供のお世話に追われてしまい、食事自体がおろそかになり、栄養バランスが崩れてしまっている可能性もあります。

◆便秘

睡眠不足や不規則な食事が続くと、腸内環境が悪くなり、便秘になりがちです。

腸内環境の悪化や便秘は、当然肌にも影響してきます。

◆ホルモンバランスの変化

妊娠中に増える女性ホルモンに、「エストロゲン」というものがあります。

エストロゲンは、別名美肌ホルモンとも言われていて、コラーゲンやヒアルロン酸を生成してくれます。

コラーゲンやヒアルロン酸という言葉は、耳にしたことがあるかと思います。

どちらも、健康な肌を保つために重要な役割を果たしてくれています。

「コラーゲン」

肌の水分を保って、肌のもちもちとした弾力の元となっている

「ヒアルロン酸」

肌の水分保持能力を高めて、肌にハリを与える役割を持っている

肌を良い状態に保ってくれるコラーゲンやヒアルロン酸を生成してくれていたエストロゲンですが、産後は急激に減少してしまいます。

「妊娠中は肌がツルツルだったのに、産後急に肌荒れが起きた」という体験談が多い理由も、この女性ホルモンの影響が関係している可能性が高いです。

コラーゲンやヒアルロン酸が足りない状態の肌は、水分不足になっていてとても乾燥している状態です。

この乾燥した状態の肌は、全ての肌荒れの根源になってしまいます。

産後の肌荒れの根源は乾燥だった

乾燥して潤いがない肌は、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

◆肌のカサカサ

乾燥によって、肌の表面の角質層という部分が剥がれたり、めくれあがっている状態です。

◆痒み

肌を守っている角質が剥がれると、肌のバリア機能が低下して、外部からのちょっとした刺激でも炎症を起こして、痒くなったりします。

◆炎症

痒みが気になって、掻いてしまったりすると、更に強い炎症を起こして赤くなったりします。

◆ニキビ

ニキビというと、皮脂いわゆる「アブラ」が多い状態でできると思いがちですが、肌の乾燥でもできてしまいます。

皮脂線から出て来れないで、内側に溜まってしまった皮脂が、ニキビという炎症となって現れます。

◆シミ

シミは、紫外線以外にも、ニキビなどの肌荒れもシミの原因になります。

「炎症後色素着」といって、ニキビや湿疹の後にもシミの元になるメラニンを生成してしまいます。

また産後は、ホルモンバランスの変化で、ただでさえシミができやすい状態なので、スキンケアがとても大切になってきます。

肌荒れの症状別おすすめのスキンケア

◆乾燥が酷い

肌荒れを改善する為のスキンケアで欠かせないのは、保湿です。

肌の表面から水分が失われないようにしなければなりません。

保湿におすすめなのが、ワセリンです。

手持ちの化粧水などを付けた後に、ワセリンを塗れば、肌表面に油の膜を張って水分の蒸発を防いでくれます。

特に肌が弱い人、肌が弱っている状態におすすめのワセリンが、サンホワイトP-1です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/10/18時点)

さまざまあるワセリンの中でも一番純度が高いので、日焼けの心配もなく、日中でもつけることができます。

ワセリン自体には、美容成分などは含まれていません。

薬局には、いろいろな種類のワセリンが売られていますが、弱った肌には精度の高いワセリンを使用しましょう。

肌の内側の保湿におすすめなのが、ドモホルンリンクルの保湿液です。

分子の違うヒアルロン酸が、肌表面と内側の両方から保湿してくれて、とにかく保湿力が高いのがポイントです。

更に、引き締め効果があり、気になる毛穴を目立たなくしてくれます。

無料お試しセットでもある程度の効果を実感できるので、一度試してみて、自分の肌との相性を確認してみてはどうでしょう。
ドモホリンクルの公式HPで「保湿液」を詳しく見てみる

乾燥して荒れた肌のケアと高い保湿成分が入っているのが、HABAの保湿化粧水「ディープ」モイスチャーローションです。

肌の水分保持能力を高めてくれるヒアルロン酸や、角質細胞間脂質であるセラミドが含まれています。
HABAの公式HPで「ディープモイスチャーローション」を詳しく見てみる

◆ニキビが酷い

周期的にニキビができてしまう人に試してほしいのが、オルビスのクリアシリーズです。

肌のバリア機能を高めてニキビの悪化を防ぎ、高保湿成分で肌を乾燥から守ります。

◆毛穴づまりが目立つ

ニキビや乾燥などの肌荒れにも気になるけど、毛穴づまりが気になる人におすすめなのが、ファンケルのアクネケアラインです。

皮膚科と共同開発した医薬部外品なので、その効果が期待できます。

◆シミが増えてきた

以前よりシミが気になるようになった人におすすめなのが、マルガレッタです。

マルガレッタシミの元となるメラニンの生成を抑えるプラセンタエキスが含まれたオールインワンゲルです。

シミを防ぐと同時に、6つの保湿成分が肌を乾燥から守ります。

マルガレッタを詳しく見てみる

「マルガレッタ」についてはこちらの記事も参考にしてください。

>>産後顔にシミが増えた!これ以上増やさない為に今やるべきこととは?

◆スキンケア以外にも体の中から肌荒れを治したい

体の中から、ニキビや乾燥などの肌荒れを治したい人におすすめなのが、チョコラBBプラスです。

肌を健康に保つための栄誉素である、ビタミンB2が最大量配合された医薬品です。

ビタミンB2が、肌の代謝をサポートして、体の中から肌荒れを改善してくれます。

更にビタミンCを配合したチョコラBBピュアというのもあります。

ビタミンCが、傷んだ肌の回復に大切なコラーゲン生成をサポートして、肌の正しいターンオーバーを維持してくれます。

チョコラBBシリーズは、妊娠中や授乳中でも服用可能なのも安心ですね。

ビタミンBは、むしろ妊娠中や授乳中の時期こそ積極的に摂取したい栄養素です。

最後に

産後の肌荒れの原因と、肌トラブル別におすすめのスキンケア商品を紹介しました。

肌の状態や、肌荒れの度合いは人によって違いますので、自分の肌に合った商品が早く見つかると良いなと思います。

また、スキンケアだけでなく、睡眠不足や食事バランスに気を付けていきましょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする