子供が夜寝ない原因は?生活リズムの改善方法と夜更かし対策

どのお家でも、子供には規則正しい生活をさせようと心掛けて、日々努力していると思います。

それなのに、何かのきっかけで、生活リズムが崩れてしまうこと、ありますよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供が夜寝なくて困る

例えば、夜、寝かしつけをしても寝なくなってしまったという場合があります。

絵本を何冊も読んでも寝ない

寝たくないと泣く

テレビ(幼児アニメなど)を見たがる

寝室に行きたくないと愚図る

などと言った具合でしょうか。

寝かしつけは、1日の育児の最後の仕事です。

さっさと寝かせて、子供のいない夜の一人の、もしくは旦那さんとの時間をゆっくり過ごしたいと思いますよね。

それが、寝てくれないとなると、かなりのストレスです。

我が家の娘も、1歳半ぐらいの時に、夜寝なくて困った時期がありました。

だいたい8時半頃に寝かせるようにしていましたが、11時、12時頃まで寝ないということがよくありました。

まず、寝室に行きたがらないことから始まります。

強硬手段で、電気を全部消して寝室に連れて行きます。

絵本を読んあげても寝ません。

リビングに行きたいと泣きますが、私は寝たふりをします。

それでも懲りずに愚図っています。

娘と私が根競べ状態のまま、帰りが遅い夫が帰ってきてしまいます。

既に、10時半とか11時頃になっています。

電気が付き、パパが帰ってきて、娘からしてみれば「救世主」の登場です。

娘と触れ合いたい夫は、「まぁ仕方ないよね」となり、まさに娘の思い通りの展開になるというわけです。

私はと言えば、寝かしつけにかけた時間はなんだったのかという感じでした(怒)

子供が夜寝ない原因

子供が夜寝ない原因はいくつか考えられます。

  • 夜遅くまで起きていることで、朝も起きられず、時間のリズムが狂ってしまっている
  • 昼寝の時間が長すぎたり、午後の遅い時間にしてしまっている
  • 寝る直前までテレビを観せている

思い当たる部分があるのではないでしょうか。

夜遅くまで起きていられるのは困るけど、忙しい朝は寝てもらっていた方が楽です。

昼寝をしてくれると、一人の時間ができて嬉しいですし、家事がはかどります。

大人しくテレビを観てくれていると、相手をしなくて済むので助かります。

子供の生活リズムの乱れは、ママ自身も改めなければいけない部分がありそうです。

生活リズムの改善方法と夜更かし対策

生活リズムはどのように改善していったら良いでしょう。

我が家の娘の例を紹介します。

娘が夜寝ない原因は、昼寝が遅めの時間になってしまうことでした。

女の子だからなのか、それ程激しい遊びをしないせいか、体力を消耗しないので、1時から2時頃の昼寝の時間になっても寝ませんでした。

で、眠くなるのが4時とか5時頃です。

そんな時間に昼寝をしたら、夜寝なくなるのは当然です。

夜寝ない原因が遅い昼寝にあると気付きました。

私が娘の夜更かし対策に行ったことは、「眠くなる時間にお風呂に入ること」でした。

遅い昼寝がまずいとわかってからは、早いと午後3時ごろにお風呂に入れていました(笑)

お風呂に入ることで目が覚めて、8時頃まで持ちこたえることができました。

お風呂に入ってご飯を食べさせて、歯磨きまでしてしまえば、リビングだろうがどこだろうが、どこで寝ちゃってくれてもOKよ♪という感じでした。

子供が夜寝ない原因意外な理由

中には、規則正し生活を心掛けているにも関わらず、夜寝ない子供もいるかもしれません。

例えば、昼間に遊び過ぎているということが考えられます。

昼間、一生懸命遊び過ぎて、脳が興奮状態のままで眠れないということがあります。

この場合、夜泣きして起きたりすることもあります。

外遊びを沢山させて、ぐっすり寝かせようと、ママも一緒になってがんばってるのに、実は逆効果になっている場合があるかもしれません。

外遊びは、午前中や午後の早い時間までにして、夕方以降は、家でゆっくり過ごさせるというリズムに変えてみてください。

更に、寝たくないという子供を無理に寝かせるのは無理です。

一通りの寝かしつけをしても寝ないようなら、あきらめも大事だと思います。

1日ぐらいなら、少しの間ビデオを観させて、ママも読書やネットサーフィンや好きな時間を過ごすというのもありではないでしょうか。

生活リズムの立て直しは、また、改めて明日からにしよう!でOKです。

子供によって違う睡眠時間

長女の寝かしつけには本当に苦労しましたが、その後更に2人の子育てをして気付きました。

子供によって必要な睡眠時間が違うということです。

3人の子供、本当にそれぞれでした。

長女は、紹介したように省エネタイプなので、一定の睡眠で長く起きて居られるタイプでした。

昼寝の時間が遅くなりがちだったので、早々に昼寝なしになりました。

長男は、寝ても寝ても寝れるタイプでした。

昼寝をたっぷりしても、夜普通に寝てくれました。

次男はまた厄介で、一番のショートスリーパーです。

昼寝や夜は普通に寝ますが、基本睡眠が短時間で十分なタイプなので、朝早く起きてきてしまい、別な意味で私を困らせました(笑)

というように、子供によって必要な睡眠時間は違うようです。

お子さんの睡眠時間や睡眠の質などにも注意してみてくださいね。

最後に

子供が夜寝なくなって困った時には、生活習慣を再確認してみましょう。

親の都合でそうなってしまっている場合もあるかもしれません。

また、子供の睡眠のタイプは様々です。

日々の生活パターンと睡眠の関係などにも目を配ってみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする