子供乗せ自転車のおすすめは?種類や選び方、電動と電動なしどっち?

ベビーカーを引いて過ごしていたママも、子供が1歳を過ぎると自転車の購入を考え始める人が多いようです。

子供が自転車に乗れるようになると、買い物などの移動も楽ですし、何よりママの行動範囲が広がって楽しいです。

駐車場の心配も必要ないですし、小回りが利くのでとても便利です。

では、どんな自転車を選んだら良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供乗せ自転車の種類

子供乗せ自転車にもいろいろな種類があります。

子供の人数や生活スタイルに合った自転車を選びたいですね。

ひとつは、いわゆるママチャリと言われる一般的な自転車に、子供用の椅子を取り付ける方法です。

子供が小さいうちは、ハンドルの間に取り付けて前に乗せます。

3~4歳ぐらいになると、荷台に子供用の椅子を取り付けて後ろに乗せます。

一方、最近利用している人が多いのは、チャイルドシートありきの設計がされている子供乗せ専用自転車です。

タイヤが22インチ以下と小さく、重心が低くなるので安定感があるのが特徴です。

前か後ろどちらかに乗せられたり、前と後ろの両方に乗せられるものもあります。

子供乗せ自転車の選び方

子供乗せ自転車を選ぶ場合、一番気になってしまうのは値段ではないでしょうか。

自転車そのものの値段にはかなり幅があります。

一般的な自転車の場合、量販店などでは、8千円ぐらいで売られているものもあります。

3段変速の機能がついていても、2~3万円ほどで購入できます。

後付けで取り付けるチャイルドシートは1~1万5千円ぐらいです。

一方、子供乗せ専用自転車は、4万円ぐらいからと、一般的な自転車に比べると割高です。

次に、安全性はどうでしょう。

自転車の値段に気を取られて、安全性が損なわれるのは問題です。

大事な我が子を乗せるので、きちんと確認したいですね。

まず一般的な自転車から確認して行きましょう。

一般的な自転車に後づけでチャイルドシートを取り付けた場合、自転車のバランスが崩れて不安定になりがちです。

車高が高い分、子供の乗せ降ろしにが大変です。

普通自転車の荷台には、耐荷重というものがあります。

例えば、C18(クラス18)という表記があった場合の、荷台の耐荷重は18kgです。

荷台の耐荷重は、自転車のフレームの強度によって決められています。


耐荷重18kgの荷台には、チャイルドシートの取り付けは禁止されています。

あまりにも安い自転車のフレームは細くて、十分な耐荷重を満たしていない荷台がついている可能性があります。

一般的な自転車でも、C25(クラス25・耐荷重25kg)やC27(クラス27・耐荷重27Kg)であればチャイルドシートを取り付けて利用できます。

専用の子供乗せ自転車には、子供を乗せることを前提とした設計がされています。

例えば、安定性の高い幅広のスタンドになっています。

子供の重さが加わっても、楽にスタンドが立てられます。

また、乗せ降ろしの際のぐらつきを予防する為の「ハンドルロック機能」があります。

チャイルドシートに座っている子供が動いて、自転車がバランスを崩し倒れるということを予防します。

次に、利便性についてです。

一般的な自転車のタイヤは26インチです。

一方、専用の子供乗せ自転車のタイヤは、20インチや22インチと小さいです。

遠くの保育園までの送り迎えがあるなど、長い距離を乗る場合は、タイヤは大きい方が楽です。

この場合、26インチが一番使い勝手が良いということになります。

専用の子供乗せ自転車で比較した場合は、20インチよりも22インチの方がより長距離に適していると言えます。

日頃の行動範囲を確認してみて、価格や安全性、ママ自身の使い勝手、自転車に乗る距離などを考慮して選びましょう。

子供乗せ自転車は電動と電動なしどっちがおすすめ?

子供乗せ自転車には、更に電動と電動なしの2タイプがあります。

どっちがおすすめでしょう?

自転車に、子供と買い物した荷物などを乗せると、重量が20kg前後増えます。

子供乗せ自転車は、車高が低めに作られているとは言え、どうしてもこぎ出す際にふらついてしまいがちです。

力を入れる必要がなく、ふらつかずに安定したこぎ出しができるのは電動自転車です。

坂道が多かったり、平坦な道であっても、長い距離を走る場合は、電動自転車がおすすめです。

ただ、電動なしの子供乗せ自転車に比べてかなり高価で、10万円以上の価格のものが多いです。

子供乗せ電動自転車ならレンタルがおすすめ

子供乗せ電動自転車が快適なのは間違いありません。

でも、かなり値段が高いので諦めているママも多いかもしれません。

そんなママにおすすめなのが、子供乗せ電動自転車のレンタルです。

一流メーカーの最新型モデルをレンタルすることができます。



◎こんな人にお勧め

・子供乗せ電動自転車は利用してみたいけど、一度に高額を用意できない

・転勤など、生活スタイルが変わる可能性があるので、買うことをためらっている

・子供が成長した後は、ママ専用自転車として使いたい

◎メリット

・一度に高額な費用が必要ない

月々、安いレンタル料金で利用できます。

・月々負担が少ない額で利用できる

購入時のように一度多額のお金が必要ないです。

・レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換が無料

購入した場合は、自分で負担しなければいけません。

・不要になったら引取ってもらえるので処分に困らない

ライフスタイルの変化で、処分しなければいけない場合、処分費用がかかりません。

・子供の成長に合わせて、乗り換えが可能

前乗せから後乗せ、2人用から3人用など、子供の成長に合わせて乗り換えることができます。

子供乗せ電動自転車のレンタル「MBR」を詳しく見てみる

私の経験から感じたこと

私は、一番上の子供が2歳半頃から自転車を利用していました。

一般の自転車にチャイルドシートを取り付けるという方法でした。

その当時は、私と同じスタイルで子供を乗せているママが多かったです。

その後、徐々に、専用の子供乗せ自転車の割合も増えてきました。

三番目の子供が幼稚園の頃には、電動自転車を利用するママも数人いましたが、まだそれほど多くはなかったです。

電動自転車は、走り出しが本当にスムーズで、赤信号などで止まった状態からの加速がすごくて感激した記憶があります。

私も欲しいなと思いましたが、数年後、子供が大きくなった後はどうしよう?

と数年後のことが気になりました。

商品が高額なので尚更です。

なので、そんな高価な電動自転車がレンタルで利用できるのは良いなと思いました。

月々のレンタル料金で、快適な育児ライフが送れると思ったら、決して損はないと思います。

レンタル良いなぁと思ったママは、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、販売店などで、同じ型の製品に試乗してみて、乗り心地をチェックすることをおすすめします。



最後に

子乗せ自転車の種類や選び方を紹介しました。

ポイントは、現時点の事だけでなく、今後の事を想定するということです。

日頃の行動パターンや行動範囲、入園予定の保育園や幼稚園の場所や送迎方法などを想像して選びたいですね。

購入以外にも、レンタルするという選択肢も検討してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする