二人目妊娠希望|葉酸はいつから摂取するべき?食べ物サプリの注意点

二人目の妊娠を希望しているママは、自分自身の体調管理はできていますか?

育児をしていると、自分のことはつい後回しになってしまいがちです。

でも、元気な赤ちゃんを授かる為には、妊娠前からの体調や栄養に気を付けたいものです。

特に、妊娠する前から充分に採っておきたい栄養素のひとつに、「葉酸」というものがあります。

妊娠初期に葉酸が不足していると、胎児の先天性障害のリスクを高める可能性があることがわかっています。

ここでは、葉酸について紹介してきたいと思います。

この葉酸という栄養素は、妊娠前のいつ頃から摂取したら良いのでしょう。

葉酸を摂取する際の注意点や疑問について紹介します。

次の妊娠を希望しているママさんは、これからの妊娠に備えて、しっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

葉酸の摂取はいつからが良いの?

葉酸の摂取が望ましい時期は、「妊娠1ヵ月前から妊娠初期」と言われています。

妊娠初期というのは、妊娠12週目ごろまでを言います。

妊娠してから葉酸を摂取し始めては遅いのです。

私たちが妊娠に気付くのは、早くても生理予定日から1週間後ぐらいの頃です。

その時点で、既に妊娠5週目ということになります。

赤ちゃんの体の大切な器官は、いつ作られるかというと、妊娠3週目~第8週目頃です。

葉酸が必要とされるのは、まさにこの時期なのです。

摂取し始めたからと言って、すぐに栄養として体にまわるわけではありません。

しかも、妊娠に気付いた時には、赤ちゃんの大切な器官は作られてしまっています。

妊娠を希望している人は、妊娠前から充分な量の葉酸を摂取することが大事です。

葉酸を食べ物から摂取する場合の注意点

葉酸を食べ物から摂取する場合は、普段からバランスの良い食事が大切です。

普段の食事から摂取する際の注意点を紹介します。

・成分表通りの栄養が含まれているとは限らない

葉酸が含まれている野菜が育てられた土壌などの環境によっては、成分表通りの栄養が含まれていない可能性があります。

・加熱調理することで葉酸の量が減ってしまう

葉酸は、茹でたり炒めたりして加熱調理することで、葉酸の量が減ってしまいます。

・体内での吸収率は100%ではない

葉酸を含んだ食べ物を摂取しても、体内での吸収率は50%程度と言われています。

例えば100μg(マイクログラム)の量でも、体内では50μg(マイクログラム)しか吸収されません。

・性質上、体内に溜め込むことができない

葉酸は水溶性の為、体内に留めておくことができません。

その為、毎日摂取する必要があります。

・レバーの過剰摂取に注意

レバーには100g中に1300μg(マイクログラム)の葉酸が含まれています。

一方で、胎児に影響があるとされている、動物性ビタミンAも多量に含まれています。

多量に食べることは控えましょう。

葉酸は食べ物とサプリどっちが良い?

厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、400μg(マイクログラム)です。

葉酸に限ったことではありませんが、食品の栄養素は目には見えません。

バランスが取れた食事を心掛けていたとしても、十分な量の葉酸をきちんと摂れているのかどうか心配になりますよね。

葉酸は体内に溜めておくことができない為、毎日摂取する必要があります。

とは言え、葉酸を含んだ食べ物を毎日調理するのは正直大変です。

食事だけで十分な量がとれているか心配な場合は、葉酸サプリがおすすめです。

あくまでメインは食事で摂るように心掛け、サプリは、補助食品として利用すると良いのではないでしょうか。

もし、外食が多い食生活だったり、偏った食事になりがちな場合は、サプリで必要量を摂取することをおすすめします。

葉酸の過剰摂取は良くない?

葉酸を食品やサプリで意識して摂取することで、気になるのが摂り過ぎによる影響ではないでしょうか。

通常の食事だけなら、葉酸を摂り過ぎるということはありません。

サプリを利用した場合でも、摂り過ぎた場合は、汗や尿として体外に排出されます。

もし、複数のサプリを利用している場合は、成分表で葉酸の配合の有無や量を確認するようにしましょう。

最後に

葉酸は妊娠初期に必要な栄養素です。

もし、二人目の妊娠を希望しているなら、今から摂取するようにしましょう。

食べ物で摂取する場合の注意点を参考にして頂き、必要なら葉酸サプリを上手に利用すると良いですね。

関連記事はこちら
>> 【要注意】葉酸不足による妊娠のリスクとは?胎児にどんな影響があるの?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする