網戸や窓のサッシの掃除方法|掃除が簡単になるグッズを紹介

網戸の掃除はどんな風にしているでしょうか?

掃除しにくいので、ついおろそかになりがちですよね。

私がしている掃除方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

網戸の掃除どうしてる?

網戸は、屋外に面しているのでどうしてもすぐ汚れてしまいます。

掃除したいと思っても、構造上とっても掃除がしにくいです。

せめて1階なら、外からホースで水をかけたりということができるかもしれませんが、住居環境によっては1階でも無理な場合が多いです。

外から掃除できないなら、外してお風呂場で洗うとか?

無理無理!

そこまでしてやりたくないですよね。

そもそも取り外せない構造になっている場合もあります。

網戸の掃除は、基本付けたまま掃除するしかありません。

私も付けたままの状態で掃除しています。

しかも基本は内側からだけです。

外側からもできればベストですが、身を乗り出すことになるので、場所によっては結構危ないです。

ベランダの窓を開けっ放しにしていると、子供が出てきてしまったりして、余計めんどくさいことになります。

網戸掃除が簡単になるグッズ

網戸掃除というと、いろいろなグッズや方法が紹介されています。

私もいくつか試しましたが、どれもこれだ!という感じはなかったです。

で、最終的に行きついたのが、こちらの「パルスイクロス」という商品です。

新品はこんな感じです。

素材はレーションで、ツルツルした素材です。

毛足が1.2cmもあり、吸水・吸油力に優れているので、汚れを絡めとってくれます。

新品がこちら

毛足の長さがポイントです。

こちらは、今使っているものです。
普通の雑巾と比べて、毛足が長いのがわかりますよね。

これで、網戸を内側から拭きます。

そうすると、この長い毛足が、網戸の隙間に入り込んで内側だけでなく、網戸の網の隙間も掃除することができます。

ちょっとわかりにくいですが、網戸の外側に繊維が出ています。

このおかげで、内側から拭きとるだけで汚れが落ちてくれます。

中性洗剤を薄めた水で濡らすと、取れにくい土ぼこりもよく取れます。

汚れたクロスをきれいに洗ってから、もう1回、2回と拭くとよりきれいになります。

もし可能なら、外側からも拭くと更にきれいになります。

パルスイクロスの洗い方

パルスイクロスは、基本的に水洗いだけで汚れが落ちます。

水の中で、繊維が広がって、汚れが離れて行きます。

とは言っても、網戸を拭いたような汚れだと、水に濡らしただけとはいきません。

そこで、私が使っているのが、100均で買ったシリコン製の洗濯板です。

これ結構使えます。

こびり付いた汚れを落とす時って、両手を布にこすり合わせますが、手に負担ががかかりますよね。

手でこする代わりに、洗濯板の出っ張りにこすりつけてしごくようにします。

汚れも落ちやすいですし、手も痛くなりません。

パルスイクロスの汚れ落とし以外にも、靴下や子供の汚れた下着などにも使っていました。

窓のサッシを掃除するグッズ

網戸と同じぐらい掃除しにくい窓のサッシも、つい掃除をサボってしまう場所です。

窓のサッシは、ちょっと掃除を忘れると、サッシの隅に砂埃が溜まってしまいます。

左右の窓が重なっている部分は、本当に掃除がしにくいので、見て見ぬふりをしたくなりますね(笑)

パルススイクロスを使ったとしても、この部分はなかなかきれいにできません。

そこで私が使っているのが、100均で買ったこれです。

ペットボトルに取り付けられるようになっていて、水をかけながらブラシで汚れをこすり落とすことができます。

青と赤のポッチで、水を出すか出さないかを変えられるのも良いです。

使い古しの歯ブラシなどを使えば、更にきれになりますよ。

網戸が汚れていると、雨が降った時に窓がすぐ汚れてしまいます。

紹介したような便利グッズを使って、こまめに掃除すると良いですよ~。

最後に

網戸や窓のサッシを掃除する為の、便利グッズを紹介しました。

簡単なので、すぐに真似できるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする